素敵なウェディングドレス選び!Dress Up

ウェディングドレスtop>スペース別ドレス選びのポイント

スペース別ドレス選びのポイント

チャペルウェディング

教会での式は厳粛に行われますので、やはり教会では袖付で首周りのあきが大きくなく、スカートは足をすっぽりと覆うロング丈のシンプルで清楚な露出が少ないドレスがおすすめです。肌の露出を避けてフルレングス、ハイネック、長袖がもっとも正式な装いではありますが厳粛な教会でも最近はそれほどうるさくないようです。ロマンチックなイメージが先行していますが、キリスト教における結婚の意味を学んで、失礼のない装いで挑むことを忘れないようにします。ベールと手袋は必ず着用します。ゆったりとした空間と長めのバージンロードに映える長いトレーンやベールは、きれいな花嫁をアピールすることができます。

カジュアルなレストラン・ガーデンウエディング

レストランやハウスウェディングでは、スペースにあまりゆとりがありませんし、カジュアルなスタイルで行われるため、まず動きやすさを念頭におき、軽やかに動ける素材とデザインであることが第一条件です。
トレーンも足さばきを考えるとまず不要ですので、トレーンの長いもの、スカートにボリュームのあるものは避けたほうがいいでしょう。Aラインやスレンダーラインのシンプルなドレスが最適です意外と見落としがちなのがウェディングドレスの素材感です。ゲストとの距離が近いだけに素材の良し悪しはとても良く見えます。上質な素材で、デザインはシンプルに、といった感じがベストです。ブーケは腕につける愛らしいタイプのリストブーケがおすすめです。また、レストランのインテリアなどは、お店によって様々です。壁紙と似た色、反発する色は避けて、インテリアと相性のよいドレスを選ぶことが必要です。

ホテルや専門式場でのウェディング

ウェディング専用の会場ですから、基本的にはどんなものでも合いますが、ホテルや専門の披露宴会場は、天井も高く、広い会場で豪華な装飾や演出効果がとても華やかです。広い空間に負けない存在感のある形を選ぶ必要があります。とくに80名を越える大きな会場で行う場合には、プリンセスラインやベルラインなどボリュームがあるドレスや照明によってキラキラと美しい光を放つスパンコールやスワロスキーを多く使ったドレスがおすすめです。上半身にポイントがあるものにすれば、遠いテーブルのゲストから見ても存在感をあたえてくれます。体型との兼ね合いも考えてベストなウエディングドレスを選びます。ベールなどの小物使いも重要な役割を果たしてくれます。ドレスをより引き立ててくれる小物選びは出来れば専門家の意見も聞きたいところですので、オーダードレスならデザイナーの、レンタルドレスなら お店の人の意見もよく聞いてみます。

緑の中のガーデンウェディング

緑のなかでよりいっそう映える色といえば白。一着は純白のドレスを選んでおきたいものです。お色直しのドレスも緑に埋もれない色合にしましょう。また、光沢のあるレース素材など、光の元で持ち味を発揮する素材もおすすめです。そして、レストラン同様、歩き回りやすい形であることが必須です。ミディ丈やアンクル丈で軽やかかつ爽やかな花嫁を装いましょう。

ロマンチックなハウス(洋館)ウェディング

綿レースや織り模様の入った素材や、シャンパンカラーなど、中世ヨーロッパをイメージさせるドレスがおすすめです。クラシカルな会場の雰囲気をひきたててくれるから、素敵な会場がさらにロマンチックになります。また、この場合も動き回ることが多いですから、それを考慮に入れてドレスを選びましょう。ブーケを腕につけるリストブーケにするなどの工夫も役に立ちます。

海外ウエディング

海外での挙式の場合は、ドレスはしわになりにくい素材のもで、持ち運びやすいパニエなしのスレンダースタイル、マーメイドライン、細身のAラインなどがおすすめです。ヨーロッパなどの聖堂では、宗教的な取り決め等もありますので会場スタッフとよく相談します。現地への発送サービスや、現地ショップでのレンタルサービスを利用するという方法も考えられます。

pickup

ホームシアターの購入
口コミで人気の八王子市内の注文住宅業者を比較

Last update:2017/12/11

ページTOPへ戻る