素敵なウェディングドレス選び!Dress Up

ウェディングドレスtop>ウエディングドレスについて

ウェディングドレスについて

憧れのウエディングを実現させる前に、ここでは、ウェディングドレスとは何かや、起源、人気と傾向などを紹介します。

ウェディングドレスとは

ウエディングドレスは、挙式や披露宴で花嫁が装うドレスの事です。衣裳の種類は挙式スタイルや式場・披露宴会場によっても様々です。一般的にはドレス及びにその附属する装飾品は、アクセサリー、グローブ、ベール、靴、下着、ストッキングなどで、清純さを表すために白色を基調したホワイト、シャンパンカラー、オフホワイトになります。正式なウエディングドレスは無垢な花嫁を象徴する純白で、ヘッドドレスをつけて、胸元や肩はあまり露出していない方が好ましいとされています。また、トレーンやベールは、長いものほど格調があるとされていて、ベールは床まで引く長いものが正式ですが、最近ではデザインによって長さを決めることが多いようです。従来、神前式や仏前式の場合は和装で、キリスト教式や人前式は洋装で行うのが基本とされてきましたが、最近は形式にこだわらずにウエディングドレスを着るなど、自由な挙式が可能になってきました。

ウェディングドレスの起源

ウェディングドレスの起源は、ローマ帝国時代にまでさかのぼります。ローマ帝国時代の頃より、ヨーロッパにキリスト教が普及すると、王族や貴族の結婚式は教会で行われる事が多くなり、そこで着用されるようになった衣裳がウェディングドレスの始まりなのです。宗教上は黒ドレスと白ベールが定番でしたが、18世紀後半頃になると、白は花嫁の象徴という意味から白ドレスが着用されるようになってきます。洋服と同様に西洋文化が世界的に広まり、ウェディングドレスが定番のものになりました。

日本では1873年に長崎の磯部於平という女性が中国人と結婚する際に初めてウエディングドレスを着用しました。日本でウエディングドレスが急速に普及したのは、1960年代から80年代にかけてです。

花嫁は、もともとサフランで染めた黄色い衣装とヴェールを身にまとっていたと言われています。現在のような白いドレスとヴァージンロードが主流になったのは、花嫁の処女性を重要視するキリスト教が広まってからです。一度しか袖を通す事のない白いドレスは、権力や財力の象徴でもあったようです。そのあたりは日本の花嫁衣裳と同じですね。白無垢や打掛は、やはり当時の武家がその権力や財力の象徴として作った衣装なのです。白い色には死に装束=「生まれ変わる」という意味もあります。当時、女性は嫁いだら実家の人間ではなくなりましたし。

なお、キリスト教の挙式では、花嫁は肌を出してはいけないのでハイネック・長袖、そしてロングトレーンのウェディングドレスが慣例となっています。海外挙式や、国内でも規律に厳しい教会で挙式する際は、こうした宗教上の決まりごとにも注意が必要になります。

*これは「しきたりや言い伝え」なので、自分が結婚式で着る衣装は挙式する場所がこうした「規定のある場所」でない限りは、何を着ても構いません。神社でドレスでも、教会でアロハシャツでも許可さえ出ればOKです。

近年の人気と傾向について

昭和後期までの結婚式は、神前式が主流で、和装も洋装も着る方が多く、お色直しは4〜5回行うというのが一般的でした。今日では式場は教会やレストランで、花稼・花婿ともに一着で通すシンプルなウェディングを行う方も多いようです。また、宗教色のないアットホームな人前式も、その温かな魅力で注目が集まっています。近年の傾向としては、花嫁のドレスはスレンダータイプやすっきりした印象のAラインドレスなど、シンプルなデザインのものが好まれています。
色も明るいパステルカラーが人気のようです。

Favorite

人気の振袖カタログ
http://furisode.joyful-eli.com/catalog/

2017/5/2 更新

ページTOPへ戻る